« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月に作成された記事

2016年2月29日 (月)

Otus 1.4/28

横浜で開催されたカメラショーCP+にカメラ仲間と行って来た。今年の目玉って言っていいのか?わからんが 注目度ナンバー1は、なんたったニコン新型カメラ D5 D500だ。会場に入ると真っ正面に黄色と黒のニコンブースがドカーンと目に飛び込んできた。取りあえず様子見に近寄ると人、人、人の山 D5 D500の体験コーナーは長蛇の列(@_@)新型カメラにちょこっと挨拶でもと思ったがとてもじゃないが無理(>_<) 早々とニコンブースから逃げ出した。(^_^;)

D5 D500は、後日ゆっくり触れそうなので、今回は本音を言うとどうでも良かった。どうしても見たかったものは、ドイツのレンズメーカー カールツァイスから3月24日発売のレンズOtus 1.4/28。

このレンズ今時珍しいオートフォーカス無し、ズームも無しの28mm単焦点。ここまで聞くとふーん昔タイプのレンズ、今時珍しいじゃん、ズームも無いのか、こんなレンズ買う奴居るのかねぇ言われそう(^_^;) こんなレンズがですよ、驚くなかれナ ナ ナントお値段 レンズ1本 629,000円 税別。8%税金かけてみて下さい(^_^;) 昔だったら軽自動車買えちゃいました。(@_@)

この超高価のレンズをブースのカメラで撮らせてもらった。インプレは(^o^)カメラのモニターでの確認ですが、F1.4~F2.0ボケ味は今まで多くのレンズで見たボケ味と別次元。ボケに芯がありそこから柔らかくグラデーションの様にボケていく様は震えが出るほど優しく綺麗。開放ピント面も“剃刀シャープ”  パソコンで写真データーを確認してないので 何とも言えませんが、このレンズただ者じゃないことは確か(^_^)v 久々に使ってみたいと思うレンズに出会えた。

この話を帰りに行った台湾料理でカメラ仲間に話したら。ハハハハと笑いのあと、どうせ買えないでしょ 忘れた方が幸せだぞと(^-^) 此畜生 このレンズで風景撮ってみたいなぁ(=_=) 68万円か無理 無理(>_<)   どうせ買えません(^_^;)

Otus 1.4/28 サイト

http://www.zeiss.co.jp/camera-lenses/ja_jp/camera_lenses/otus/otus1428.html

Img_0676iPhone 6s Plusで撮影
Dsc001841_r
Photoshopで加工

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

名機の予感

ニコンから招待状が届いた。内容は、D5 D500を見て、弄って、説明聞いて買ってくれと言う商品説明会の招待状だ。
ここ数年ニコンは新製品の体験会、説明会を開催していなかった。俺の記憶だとD3以来だ。D3はニコン初の撮像素子35mmフルサイズのデジタル一眼レフ。当時、キャノンとようやっとガチ勝負が出来る万全をきして出したニコンフラッグシップ機だった。その時のD3説明体験会会場の雰囲気と言ったら凄かった。ニコンの社員もプロカメラマンもこれでキャノンと渡りあえると会場はエライ熱気。 D3の説明途中にこんな歌まで流していた。
【戦え!ニコンD3】
https://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=bCkATswP3Ls

この歌が流れてから、かれこれ9年。その間ニコンから新型カメラが何台も発売されたが体験会、発表会の連絡は一度も来なかった。ニコンのフラッグシップ機D3s、D4、D4sも来なかった。今から考えればD3のマイナーチェンジぽいD3s、D4、D4s目立つ売りの新機能も無く説明もクソも必要いらなかった機種(^_^;)。たぶんニコンも内心そう思っていたのかなと思うほどさり気ない新発売だった。 当然、説明会もなかった。

それが今回のD5、D500、二大都市で大々的に体験会を開催するほどニコンの熱の入れよう。ニコン渾身のカメラに間違いがない、【戦え!ニコンD5】(^_^)v  久々に名機の予感がするD5だ。

100000
20000iPhone6 Plusで撮影

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

これって麻薬(^_^;)

エコ エコ エコ 最近エコって言葉が飛びすぎだ。エコが大事なのは分かる。資源を大事に利用するのは当然の事だと思う。しかしなぁ趣味の世界ぐらいエコを忘れたい(^_^;)。毎日車を利用する訳じゃないサンデードライバー、たまに車に乗るときくらいエコを忘れて走りたい。そんな気持で一年前に買った車がスバルのWRX STI。この車、今時珍しい反エコ車(^_^;) 都内を走っているとリッター7㎞弱しか走らん。でもガソリンは食うがその分車に乗ってるという感じが体全体に伝わってくる楽しい車(^_^)v、チョイとアクセルを踏めば、怒濤のような加速力、コーナーを回れば地を這うゴキブリ(^_-)。いいオヤジが乗る度に興奮度100パーセントの大人のおもちゃ(^_^;)  純正のまま満足して乗っていれば良いのだが、この車を乗っていると、あの部品をあれにすれば、もっと楽しく走れるかも(^_-)。マフラーを交換すれば、音が良くなるらしい、おまけに馬力もUPするらしい。よしいっちゃぇー交換だぁ(^_^)/  部品交換すれば、それなりに良い走りするから始末におけない、ハッキリ言って銭食い反エコカーだぁ。 サスペンション交換、マフラー交換、エアフィルター交換して、高速、峠を楽しんで走っていたのだが(^_^;) 最近また変な虫が騒ぎ出した。ネット、雑誌の記事で、車のコンピューターを書き換えると、馬力、トルクがUPすると悪魔の囁きが(^_-)。無視すればいいのだが、見ちゃうとねぇ やりたくなる。(^_^;) 純正コンピューター弄るのは怖いけど、我慢できずにヤッチャエーの勢いでやってきました。 結果ですが、コンピューターを書き換え、プラグ交換を行って、馬力が約50PSくらい上がりました。なんと350PS近く出るWRX STIに大変身。書き換え後、高速を走ったら、爆発的な加速力に目が点。違う車に乗り換えた感じがするほど走りが変わりました。想像を超えた結果に興奮が収まりません、これって麻薬(^_^;)

動画を「ユーチューブ」の画像検索結果にUPしました。

https://youtu.be/5pFi5K9Bl5E

写真 iPhone 6s   動画 GoPro

Img_0651

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

アメリカを見ながら入る露天風呂? 黒根岩風呂

そう言えば今年に入って温泉に行ってねぇなぁ 硫黄の臭いがプンプンする濁り湯にどっぷり浸かりながら一杯やりてぇ、だがこの時期、江戸周辺の硫黄泉はスタッドレスを履かないと行けないところばかり 俺の車は夏タイヤだし無理 無理(>_<) 

と言って家の近くのスパー銭湯じゃ味気ねぇし、雪の心配がねぇ伊豆でも行くか。
伊豆半島には手足の指を足しても足りないほどアチコチに温泉があるが、泉質に惚れ込むような温泉が俺にはない。ほとんどが単純泉、当たり前かも知れないが海岸線の温泉はほとんどが塩泉だぁ。

湯に期待できない伊豆半島だが、俺のお気に入りの湯が一つある。 写真、美味いもの食いによく伊豆に足を運ぶ、その時殆どと言っていいほど立ち寄る温泉がある。東伊豆の北川温泉公営の露天風呂 「アメリカを見ながら入る露天風呂? 黒根岩風呂」だぁ。露天風呂は波打ち際に作られてあり、波の砕ける音を聞きながら湯につかれる開放感いっぱいの露天風呂。湯は熱からずぬるからず、泉質はちょっぴりしょっぱい塩泉、もちろん源泉掛け流し。何度入ってもまた入りたくなる素晴らしい温泉、伊豆一押しの露天風呂です。(^_^)v

黒根岩風呂にじっくり浸かってから、この日稲取温泉で一泊しバカ飲み(^_-)   
伊豆に数え切れないほど行ったが何故か石廊崎だけは行ったこと無かった。一人飲みしていてフト石廊崎に行ってみたくなった。
前日飲み過ぎて二日酔いだったが、頭をフリフリしながら石廊崎に車を走らせた(^_^;)  いやいや石廊崎、初めて行きましたが、素晴らしい所ですねぇ こんな所が伊豆にあったとは驚きでした、荒々しい海岸の景色に感動。なぜ今まで行かなかったんだろう(^_^;) 伊豆に行ったら是非ここも寄って下さい。(*^_^*)

動画を「ユーチューブ」の画像検索結果にUPしました。
「アメリカを見ながら入る露天風呂? 黒根岩風呂」
https://youtu.be/rTXz8EEqP64

大江戸カメラ倶楽部は、新しい仲間を募集中です。(^O^)

会費なし、規約なし、楽しく写真ライフをモットーにしているカメラ倶楽部です。

鳥撮り お姉ちゃん スナップ、風景、花を専門に撮っている方、職業カメラマン、写真始めたばかりの人など大勢のカメラ好きと写真を楽しんでいます。 お気軽に参加して下さい。

   OFF会掲示板    http://chabin.bbs.fc2.com/

お問い合わせは ちゃびん当てにメール下さい。 tadashi1231@nifty.ne.jp

カメラ D3X      

レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

その他 Photoshopで加工

動画  iPhone 6s Plus

_dsc9471Photoshopで加工

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »