« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 洗脳 »

2013年1月16日 (水)

津波

美味い牡蠣を食べたい、兎に角 美味い牡蠣が食べたいと、千葉のアル中が言った。 この時期、江戸から近くて美味い牡蠣が喰えるところは、松島付近の牡蠣だろうと返事すると。喰いたい、行こう(^o^) 1月12日 東北道をぶっ飛ばした。

松島に着き、牡蠣を求めて走るが、牡蠣小屋がどこも営業してない(>_<)。記憶にある松島湾の牡蠣棚も浮いていない。地元の人に尋ねると昨年夏、海水が異常高温になり牡蠣がほぼ死滅した(/_;)。今年は牡蠣は厳しいね(=_=)。 残念無念(>_<)、ラーメン喰って食い意地の張った腹をなだめた(^_^;)。

2泊3日の予定で松島に来た。牡蠣のない松島にとどまっても仕方ない、北上しながら旅をしようと牡鹿半島方面に車をまわした。国道を走るが行き交う車がエラク少ない、たまに大型ダンプカーとすれ違う程度、寂しい国道だ。海沿いを走ると半壊、全壊した建物が解体されないまま所々に残っている。津波か(=_=)

半島に入り、山沿いの道路から見える海の景色は3年前来たときと変わらない。
瑠璃色の美しい海を眺めながら車を走らせていた。下り坂のカーブを大きくハンドルを切った、目を疑った。あるはずの漁港も建物もない更地状態だ、そこに暮らす人達も消えている。 衝撃で言葉が出ない。暮らしの空間が消滅している。

車を半島北側海沿へ走らせた。行く先々のすべての漁港が漁村が消滅している。 代わりに漁村には瓦礫の山が静かに聳え立っていた。ここで暮らしていた人たちは、何処で今何を?  映画のワンシーンようだ。
 
牡鹿半島から南三陸町へ車を走らせた。何千人と暮らしていた人達の町が消えていた。人も建物も学校も、そこに暮らしていた人達の夢も希望も、みんな津波が持って行ってしまった。

何故か涙が出た。
               
津波よ もし生きているなら聞いてくれ。もう二度と来るな もう懲り懲りだ。

カメラ  D4

レンズ  1枚目 2枚目 AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED      

            3枚目 4枚目  Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF      

その他   Photoshop CS6で現像、補正 手持ち

_dsc7045_1_2F5.6    1/80秒  WB オート  ISO 200

_dsc7074_2F5.6      1/200秒  WB オート  ISO100

_dsc7120_2F11    1/500秒  WB オート  ISO 400

_dsc7104_2F8    1/30秒  WB オート  ISO 100

|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 洗脳 »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

バツイチ沖縄っ子 さん こんにちは(*^_^*)

≫繊細さ

まるで無し、ただのアル中です。(^_-)

自然の力は大きいですね。もう2度と東北に災害が訪れないことを祈るのみです。 
多くの人が、今、東北を見るべきだと思いました。 そして何が必要か一人一人が考える時かもしれません。
忘れっぽい日本人、忘れないように(^^)/

先日は、美味しいお酒を飲むことができました。今度は、撮影会に参加してください。 その後 一杯(^_^;)

またブログ寄って下さいm(_ _)m

投稿: ちゃびん | 2013年1月21日 (月) 12時02分

ちゃびさん!初めて書き込みします。
ブログ読ませていただきちゃびさんの繊細さに触れたような気がしました。あの震災は、決して忘れてはいけないし、今後もあり得ることを心しておかないといけませんね。また、書き込みします。先日は、ありがとうございました。

投稿: バツイチ沖縄っ子 | 2013年1月21日 (月) 08時42分

ニコンが好きさん お疲れ様でした。m(_ _)m

予想外の展開になりましたが、実際、現地の様子を見られたことは、良かったと思います。 メディアで見る、知るとは大違い。 

【復興】 片付けだけでは復興はできない。新たな東北を創るくらいの政策がないと真の復興はできないと思いました。 
数年で津波のトラウマは消えない。同じ土地に住む勇気がどれだけの方が居るか? 自分は厳しいと感じてます。

投稿: ちゃびん | 2013年1月17日 (木) 09時02分

ちゃびんさん、こんばんは。
私の「牡蠣食べたい」にお付き合いいただきまして、ありがとうございます。
牡蠣は食べられませんでしたが、予想もしなかった光景に出会い、驚き、そして政府の対応の悪さに腹立たしい思いをして帰ってきました。
絶対に風化させてはいけないことです。
それを目の当たりにできただけでも、本当に良かったと思います。

投稿: ニコンが好き | 2013年1月16日 (水) 22時04分

アンカーマンさん こんにちは(*^_^*)

今回尋ねた場所では、ボランティアの方々の活動は見かけなかったですね。(=_=) 私もこの地に行くまでは、ニュースで流れる復興・支援という音になってました。

格好いいことは言えませんが、何か自分にできること探してみようと思います。

投稿: ちゃびん | 2013年1月16日 (水) 14時16分

ちゃびんさん、お帰りなさい。
現実の被災地の復興への道のりはまだまだなのですね。
ニコンが好きさんのブログにも書かせて頂きましたが、私を含めて、日本人って熱し易く冷め易い人種の為最近では、ボランティアのボの字もほとんど見かけなくなりました。
お写真拝見させて頂き、改めて何か出来る事は無いか、考えさせられました。

投稿: アンカーマン | 2013年1月16日 (水) 12時58分

じょばんに さん こんにちは(*^_^*)

松島の漁業関係者には申し訳ないですが、広島のプックリした牡蠣が松島湾に育つと思うとチョット嬉しくなりますね(^_^;)

広島の牡蠣 食べたくなりました(^_^;)

投稿: ちゃびん | 2013年1月16日 (水) 12時06分

footworkerさん こんにちは(*^_^*)

言葉が出ない こんな経験は初めてでした。
原爆投下された広島みたいに、何も残ってない。枯れた雑草がゆらゆらと揺れてるだけ。復興の2文字で以前のような暮らしが取り戻せるか疑問に感じました。

自然の力は、恐ろしいです。(=_=)

1枚目 政治的意味は無いですが、立て看板の土地は、以前家が建っていたはず。土地所有者に断ってるのかなと疑問符(?_?)
こんな所で、名を売るな(=_=)

投稿: ちゃびん | 2013年1月16日 (水) 11時41分

追伸:
一枚目の写真の件、私は footworkerさんに、
一億票 入れたいと思います (^O^

投稿: じょばんに | 2013年1月16日 (水) 10時52分

ちゃびんさん、お帰りなさい。
ニコンガスキーさんのブログでも書いたのですが (^^;

宮城の牡蠣はほぼ全滅したとの事で、ほとんど東の方では
報道されていないかもしれませんが、広島からは多くの
支援団が宮城入りし、牡蠣や牡蠣いかだを提供して、
再生を手助けしました。

宮城の牡蠣と広島の牡蠣は元々違うものだったのですが、
今回の件で兄弟の牡蠣になるかもしれません。

しかし、食道楽としては、せっかく出かけたのに、
お腹を満足させられなかったのは悔しかったですね (^^;

投稿: じょばんに | 2013年1月16日 (水) 10時50分

ちゃびんさん こんにちは^^

今回の旅行記からは、いつも以上の負の感動が感じられます。思わずもらい泣きをしてしまいそうな趣きがあります。
それだけ、現地の惨状は筆舌に尽くしがたいものなんですね。。。

牡蠣が食べられなかったのは残念だったはずですが、旅というものには「何か」得るものがありますね。

牡蠣と言えば、夏場のキーンと冷えた岩ガキが最高と思っている自分です。

1枚目のお写真は、立て看板を蹴飛ばしてやりたくなるような。。。ここだけの話ですが(^^;

お疲れ様でした。

投稿: footworker | 2013年1月16日 (水) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547233/56552814

この記事へのトラックバック一覧です: 津波:

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 洗脳 »