« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月に作成された記事

2012年12月25日 (火)

冬は鍋に限る

年末年始に北茨城のアンコウを喰いに行こうと思って、何度か行った宿に電話入れた。
宿のオヤジ 電話取るなり「12月に入って電話もらったって無理無理。年末年始は半年前に電話くれなきゃ」 来年早めに連絡しますと電話を切った。
電話を切ってから無性にアンコウが喰いたくなった。 こう言うときは付き合いの良い、千葉のアル中と広告屋だぁ(^_^;) 「ちょいと築地場内に行ってアンコウ買ってアンコウ鍋やろうゼ」と声かけた。 ヨッシャ 行こう(^^)/。 そうだ浦和のアル中もアンコウ喰いたいと言ってたなぁ。誘ってみようと言うことで築地へ。

D1桁機を首にぶら下げ買い出しだ。目立つし、商売人から見たら邪魔臭い野郎達だ。マグロだ オーーーパチパチ でけぇクエだ パチパチ。 まるで外人観光客だ。仕舞いにはガードマンから「事務所の許可を取ってから撮影して下さい」と。こう言うときはコンデジに限るネ 一眼レフ4台はチト目立ちすぎ(^_^;)

3.5㎏のアンコウ、解体するったって家庭の台所では、チト小さい。風呂場で解体して鍋にぶち込んだ(^_^;)。  朝っぱらからアンコウ鍋で一杯(^_^)/ たまりません(^_^)v  冬は鍋に限るねぇ(^o^) 年明けもまたアンコウで一杯やるかなぁ(*^_^*)

カメラ D4

レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

その他 素面でパチリン (^_^;)  Photoshop で現像

_dsc6677F3.5    1/200秒   WB オート    ISO 2500

_dsc6689F3.5      1/320秒     WB オート    ISO 2500

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

カメラはいつでも突撃態勢

ここ最近、急に冷え込んできた。毎朝、チャリンコで会社に向かうのだが、手袋、帽子と完全防備しないと走れない。
写真撮りたいと思っても、この寒さだと写欲に火が付かない(>_<)  花らしい花はないし、野山は葉が落ちスカスカ(=_=) なんか良い被写体無いかと考えて? パッと頭に浮かんでくるものは、街のイルミネーションくらいだ。寒い夜に手袋に目出し帽子でパチパチ撮るのはオッサンには、ちとキツイ(^_^;) 寒い日はコタツに入って一杯が良い。 そんなわけで軟弱オッサンは最近カメラを持ち出さない。

UP画像は、相当前に撮った在庫画像。画像の中のネコの表情が好きで、この画像を名刺の背景素材にしている。 自分で言うのもなんだが、なかなかこんな光景には出会えない。遭遇したとき糞重たいニーニー担いでいた、もしこの時、楽しようとバックにカメラを収納していたら後悔しただろう。 カメラはいつでも突撃態勢が大事だね(^_^;)

カメラ D2Xs

レンズ AF-S VR Nikkor ED 200mm F2G(IF)

その他 一脚使用、NX2で補正後、Photoshopで若干トリミング

Dsc_01272F2.2   1/90秒  WB オート  ISO  160

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

仲間に感謝

浅草のカメラマンが、俺を元気づけるために一杯を企画してくれた。何時も一緒に写真撮って飲む仲間も飛んできてくれた。 
娘が手術した後、毎日のように、多くの写真仲間が俺を元気づけるため酒を誘ってくれた。一杯飲みながら話を聞いてくれるだけで、気持ちが落ち着いた、嬉しかった、心で泣いた。 

素晴らしい仲間に恵まれて、本当に幸せです。ありがとうございます。

娘も順調に回復しております。言葉も多く語るようになりました。 まだ手術前までとは言えませんが歩けるようになりました。

皆様の暖かいお言葉、励まし感謝しております。

画像は、浅草、浅草寺。一杯飲む前に手を合わせに行ったとき撮ったもの。 2414なかなか良いレンズだ。 コントラストが高く超シャープネス。AFも瞬足、ノーファインダーでガンガンいける。街撮りスナップにもってこいのレンズだと思う。

カメラ D4

レンズ AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED

その他 NX2で現像 手持ち

_dsc6568F8    1/200秒    WB オート   ISO 100

_dsc6576F8      1/60秒   WB オート      ISO 100

_dsc6583_2F3.2    1/250秒      WB オート      ISO 100

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »