« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月に作成された記事

2012年11月26日 (月)

てんかん手術

21日 娘が難治性てんかん手術(脳梁離断術)を受けた。

2年前の深夜、娘が突然目が引きつり痙攣を起こした。娘を毛布にくるみ近くの日大病院に駆け込んだ。
痙攣の原因が分からず、検査を勧められた。この日を境に毎朝痙攣を起こすようになった。原因が分からないまま数日間不安な毎日を送った。
初めての発作から10日後検査入院した。 検査結果は「てんかん」脳全体に拡がる難治性てんかんと診断された。 この日から抗てんかん薬よる治療を始めた。いろんな種類の抗てんかん薬を試し、量も増やした。薬の量を増やすと発作は少しだけ収まるが、そのかわり娘は足はふらつき朦朧となる。
先生、「これ以上娘を薬漬けにはしたくない。他に良い方法はないか」と相談した。当病院では出来ないが、外科手術がある。てんかんの脳外科手術で日本一と言える病院がある。そこを紹介するから相談してみてはどうかと言われた。

その病院は『国立精神・神経医療研究センター病院』

日大病院から手渡された、2年間分のレントゲン写真、診察結果を抱えて、この病院に駆け込み問診を受けた。外科的手術が可能かどうか見るため、検査入院することになった。問診から2ヶ月後、検査入院。脳のあらゆる検査と娘を24時間動画記録。一週間の超ハードな検査だ、娘もバテバテみたいだった。

担当医師の診断は、

 「お嬢さんのてんかんは特異性で非常に難しい手術ですが可能です。日本では今まで2例、1例が東大もう一例が当病院。お嬢さんで3人目です。成功率は80パーセント。てんかんの症状が治まるかはやってみないと分からない。ただ2例は成功してます」
手術時間は8時間。 術後、髄膜炎、脳血栓、意識障害、言語障害、各部位不随 、感染症など考えられます。

どうしますか?    先生お願いします。

手術室に入って10時間後、集中治療室に戻ってきた。小さい顔には人工呼吸器、チューブ。頭は化け物みたいなアイシング。横に置かれている心拍、呼吸数など計る機器は動いているが、娘は動かない。

1日が経ち、目は開くが視点が定まっていない。たまに手足が動く。2日目集中治療室から特別治療個室に移された。ほぼ前日と同じ状態。

3日目、意識が戻るか心配でたまらない、失敗がよぎる。そんな中、娘のベットの横でうたた寝していたとき、『パパ』と呼んだ気がした。確かにした。いや夢か? いや聞いた。   もう一度『パパ』と呼んでみろ。このメガネは誰のだ?

『パパの』   

神様ありがとう     先生ありがとう。

カメラ D4

レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

その他 NX2 で補正

1F2.8    1/160秒   WB オート    ISO 1600

_dsc6488F2.8      1/400秒     WB オート       ISO 1600

| | コメント (41) | トラックバック (1)

2012年11月14日 (水)

上野の黒ダンボ

ここ一週間、ブログにUP出来るような写真は撮ってない。
カメラは毎日使うが、作品になるような写真、見てもらいたい写真は一切無い。はっきり言って碌な写真しか無い。先週は練炭自殺で焼け焦げた部屋の写真、行方不明者の残置物………… はっきり言って気が滅入る(>_<)

写真は、楽しく撮りたい。(^o^) 写真見て微笑みたい(^O^) 撮った写真を飾りたい(^_^)v

さあ今週は撮るぞ(^^)/スカッとした写真を撮るぞ(^_^)v 昭和記念公園の紅葉でも撮りに行くか、 それとも空気が澄んできたから夜景撮るか、 はたまた俺のオアシス、動物園で一杯か(^_^;)

UP画像は、俺のオアシス、上野動物園で撮った象をPhotoshop CS6でモノクロ加工した。撮影は9月。

カメラ D4

レンズ AF-S VR Zoom-Nikkor 200-400mm f/4G IF-ED

その他 三脚使用(GITZOシステマティク三脚3型 ギヤ付きセンターポール)
            雲台(ARCA SWISS Z-1) クランプ(KIRK QRC-3)

_dsc4045F5.6    1/1000    ISO 400    焦点距離 310mm域

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

キノコの宿 

今年のGWに立ち寄った、秋田の宿から「旨いキノコが採れたから食いに来ないか」と連絡が来た。食い意地の張っている俺だ、当然すっ飛んで行きますと返事した。(^_^;)

電話を切り、年がら年中、酒を酌み交わすアル中写真家二人に声を掛けた。 一人は、GWに一緒にこの宿に泊まった千葉のアル中。もう一人は、食い物と酒に目がない広告屋。 

千葉のアル中は、GWに一緒にこの宿に泊まって、この宿が出す料理のすばらしさを知っているので即答「行くぞぉ-- 新幹線のチケットとレンタカーの手配は俺に任せろ」(^_^)v

食い物と酒に目がない広告屋には、宿のグレードははっきり言って上等とは言えないが、宿の料理は絶品だぞ、素材は、宿のオヤジが山に入って採り、醤油、味噌は手作り、卵は放し飼いの鳥から朝採りだ。そのオヤジからキノコが採れたと連絡が来た。どうするよ行くか?  食い物に目のない広告屋「行くに決まっているだろう」(^O^)

と言うことで、主たる目的、キノコ。 ついでと言ったら怒られるが、まあ3人は一応 写真家だ(^_^;) 紅葉も撮ろうと11月3日、秋田県秋ノ宮に向かった。

宿のオヤジさん、おいらの為に山に入って 天然マイタケ採って来てくれていた。それもマイタケの大様(^_^)v 全体が黒っぽいクロフと言われるマイタケを(^_^)v 
頂いてきました。天然マイタケ 焼きに、天ぷら、そして土瓶蒸し!(^^)!    3人はマイタケ喰って舞いました(^_^;)

食い意地が張っている俺は、美味い物見るとカメラより箸が先に出るので写真がない(^_^;))。料理の写真は、たぶん一緒に行った仲間のブログのUPされると思う。そっちを見てチョ(^_^;)

千葉のアル中のブログ   http://ironsky.exblog.jp/
広告屋のブログ            http://blog.goo.ne.jp/tamin7155?fm=rss

自家採り自家栽培の素材でもてなす、秋田の宿 おなじみ荘。  料理は超一流の料亭並み(^_^)v 宿賃は超リーズナブル 超お勧めの宿です。
http://www.akinomiyaonsen.jp/otomari/onajimi.html

UP画像は、宿の付近で撮ったもの。

カメラ D3X

レンズ 1枚目 AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
       2枚目 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

その他 手持ち Photoshop CS6で補正

_dsc6673F11     1/80秒    WB 晴天    ISO 200

_dsc6506F7.1    1/200秒      WB 晴天      ISO 400

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »