« D4 | トップページ | お気に入りレンズ »

2012年1月21日 (土)

飽きない写真

美しいなぁと思う写真、 可愛らしい写真、綺麗な写真、エッチな写真、衝撃的な写真、記録写真、商業写真、、………… と撮る人も鑑賞する人も求める写真はいろいろあると思う。被写体も人物、風景 、スポーツ、花、動物と様々だ。

カメラマン10人居れば求めるものは十人十色だと思う。俺の求める写真は、抽象的だが「飽きない写真」を撮りたいと思っている。  ずーーと見ていても毎日見ていても見飽きない写真を(^o^)
見る人によっては、なんだこの写真? つまらん写真、見たくもねえ(>_<)と思う写真は当然あるとおもうが、兎に角自分が飽きない写真を撮りたい。(^_^)

まあ その飽きない写真がなかなか撮れない(=_=) それを求めてシャッター押すから写真は止められない(^_^;)

UPした写真、正月に行った九州のワンカットだが、写真整理していて何度もこの写真に目が止まる。なんの変哲もないただの海なんだが目が止まる。見ていて飽きない。見入ってしまう。不思議なのでパソコンの待ち受け画面にした。いつ飽きるか楽しみだ(^_^;)

カメラ D3X

レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

その他 手持ち NX2で現像 アルコール手ぶれ補正なし(^_^;) 

_dsc4744F11   1/200秒    WB晴天   ISO 100

|

« D4 | トップページ | お気に入りレンズ »

風景」カテゴリの記事

コメント

footworkerさん こんにちは(*^_^*)

懐かしいなぁ 昔の彼女 今何してるだろう(^_^;) なんて(^_-)

見飽きない写真 そうそう1ヶ月も2ヶ月も見ているカレンダー。 多くの人が毎日見て疲れない情景なんでしょうね!(^^)! 

自分もカレンダー作りますが、見飽きない絵をなかなか撮れない(=_=)


≫うまく撮れたよとプリントを家族に
見せて、そのまま目につくところに置いておき毎日眺めるようにしています。

これってホントに大事なことですよね。長い時間見ていると、次はこう撮ろうとか、あのレンズで撮っていればなぁとか 角度は、寄りが足りなかったとか、いろいろ想像し勉強になる。
気に入った写真は、プリントすることホント大事ですね。(^_^)v

投稿: ちゃびん | 2012年1月24日 (火) 10時21分

ちゃびんさん おはようございます^^

>子供、恋人、鬼嫁、家族は・・

おっと、見逃しませんよ!恋人とは!(^^;

見あきない写真の例に、カレンダーに使われる作品がありますね。

ちゃびんさんのこの作品もそうだと思います。

私の場合、うまく撮れたよとプリントを家族に
見せて、そのまま目につくところに置いておき毎日眺めるようにしています。
そうすると、そのうちアラが見えてきて。。。この次はこんな風に撮ろうという意識が働くものです。
つまり、見あきる作品ばかりだということです(汗)

投稿: footworker | 2012年1月24日 (火) 09時26分

footworkerさん お早うございます(*^_^*)

人それぞれ写真の思いは色々あると思います。記録もその一つだと思います。自分は写真を撮る上で記録としてカメラは使わないように心がけてます。と言いながら撮ってますが(^_^;)
子供を撮っても記録として残そうとはしないです。子供、恋人、鬼嫁、家族は格好付けるわけではないですが、心に刻みます。

自分は、写真は「2度と会えない一瞬」と思っています(*^_^*)

投稿: ちゃびん | 2012年1月23日 (月) 09時25分

ニコンが好きさん、じょばんにさん、awajun さん、langreyさん

お早うございます(*^_^*) コメント有り難うございますm(_ _)m

何十億円の絵画、彫刻、仏像、美術品、庭園、建築物………など 何百年も人々に愛され親しまれてる物って、飽きないものだと良く思うことがある。

それらのものは、構図、安定感、立体感、配置、空間などよく考えていて、鑑賞、利用する立場が安心感というのか疲れを感じさせない。

構図がグシャグシャだったり、圧迫感があったり、人を配置が不安定だと見ていて疲れてくる(=_=) 当然見飽きるし利用しない(^_^;)

この写真 自分で言うのはなんだが、海と空の位置関係が5対5と安定感があり、海と空のトーンが綺麗で安らぎを感じる。ホントつまらない単なる海なんだが俺には飽きない。

この写真、基本を忘れるなと教えてくれているようだ(^_^;)

投稿: ちゃびん | 2012年1月23日 (月) 09時01分

ちゃびんさん 皆さん

先日、写真家の田沼武能氏が「写真は記録」と言っていました。

スポーツ、風景、人物。。。色々なジャンルがあるわけですが、それぞれの事象の一瞬が切り取られた「記録」、それらに感動した撮る者の心象の「記録」という2面があると思います。

ちゃびんさんの、このお写真はlangleyさんが仰るように後者の「記録」(勝手に想像すれば、これまでの人生、これからの人生、家族との絆、幸福感・・・などへの思いと同化した被写体?)だと思われます^^

「記録」された”写真”が、多くの人の共感を呼ぶのが、コンテスト入賞作となるのでしょうが、入賞と関係なく”大事な”「写真」は各人にあるものですね^^


投稿: footworker | 2012年1月23日 (月) 09時01分

こんばんは。
親バカな私は我が子の撮影には飽きないのですが被写体となっている子供たちには多少飽きら始めています(^^;A

飽きない写真とは難しい表現ですが
万人が何時でも心穏やかに眺められる写真というようなものなのでしょうと勝手に思っています。
画像(写真)とは撮影者の感情も時には画像(写真)に反映されるものとも思いますので
撮影時のカメラマンも心穏やかな状態でないと撮れないようなものなのでは・・・(^^

この度の九州のワンカット撮影時は
心温まる方々と一緒にだったから
撮影出来たのではと私は思いますが
違っているかな(^^;;;

投稿: langrey | 2012年1月22日 (日) 04時48分

飽きない写真。。。
む、難しい お題だ ^^;

自分の場合は 直感で撮ったモノが多いです ^^¥

浅い知識で考えても害が有るだけです^^;

と言っても 皆さんのレベルとは掛離れて低い次元の話ですが。。。失礼致しました ^^;


投稿: awajun | 2012年1月22日 (日) 02時29分

なるほど。
ちゃびんさんの追い求める写真。
拘りの写真。
確かに抽象的ですが、御自身で求めるものがあると
いう事は素晴らしい事だと思います

投稿: じょばんに | 2012年1月21日 (土) 23時32分

みなさん、こんばんは。
この海の景色は、空の青、海の青、そして雲の白、これがうまく組み合わさっています。
一番落ち着く、そして懐かしい風景です。

投稿: ニコンが好き | 2012年1月21日 (土) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547233/53786408

この記事へのトラックバック一覧です: 飽きない写真:

« D4 | トップページ | お気に入りレンズ »