« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月に作成された記事

2010年7月24日 (土)

関東ローム層

暑い(>_<) エラク暑い(*_*) ここ数日東京は、35度を超える猛暑が続いてる。
夜になってもこの暑さは収まらない、30度を超える熱帯夜だ(>_<)
エアコン付けずに寝ていると何度も何度も暑さで目が覚める。 この日も暑さで朝早く目が覚めてしまった。
遠い昔によく言われてた(^_^;) 早起き三文の得、良い写真が撮れるかもしれないと思い、先日、ニコンで試写して気にいって買ったDCレンズと散歩に出かけた。
近くの公園に出かけたが、これといった被写体に巡り会えない。会うのは高齢者の散歩ばかり(^_^;) 撮った枚数もこの朝、10枚程度、三文の得の恩恵にあやかれなかった(/_;)

このDCレンズだが、前後のボケをコントロールできる。、後ボケ(R)を  MAXまで上げると、ピント面がフワッとしたソフトフォーカスレンズで撮ったような柔らかい絵になる。ボケもトロッとしてなかなか良い(*^_^*) その逆の前ボケ(F)を MAX近く上げると後ボケが五月蠅くチョットいただけない。まだ少ししか撮ってないので取りあえず第一印象ってことで(^_^;)

使用カメラ  D3

使用レンズ   Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2D

その他   三脚使用 Photoshop CS5で露出補正、ホワイトバランス変更

撮影日  7月24日

Dsc_1981

F2.5  1/200秒  ISO 400   DCリング R4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

大江戸カメラOFF会

7月18日(日)大江戸カメラOFF会が開催された。
凄いメンバー20人が集まった(@_@)  建築写真のプロ、鳥撮りプロカメラマン、KIRK代理店のオーナー、プロ顔負けのフォトグラファー。
カメラを構える姿だけ見ても超の付く一流のカメラマンだと納得させられた。その姿を見ながら自分の撮影姿を想像するとチョイ恥ずかしくなった(^_^;)。
当日のコースは、お台場からシーバスに乗り船上から大江戸を切撮りながら浅草へ、その後、下町を散策して後、浅草で大懇親会。
この日は34度の猛暑(*_*) 一流カメラマン達は、この猛暑にも負けず一日笑顔を絶やすことはなかった。流石一流(^_^)v このゆとりが傑作を生むのだなと感心した一日だった。
UP画像は、1枚目 懇親会でパチリと記念撮影(*^_^*)。2枚目 お台場公園から2414でパチリ 3枚目 OFF会前日に、肥後から参加した肥後ドンと銀座のニコンSCで待ち合わせた。そのときニコンで試写させてもらったDCレンズ。今まで何度も買おうか悩んだレンズだ。ボケ味コントロールDCリングを使うと開放が甘いと感じ二の足を踏んでいた。が、使ってみてなんとも言えない柔らかな雰囲気に参った。降参しましたDCレンズ、脱帽ですm(_ _)m

使用カメラ 1枚目 2枚目 D3  3枚目 D3s

使用レンズ  1枚目 2枚目  AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED

               3枚目   Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2D

その他   1枚目 Photoshop CS5でレタッチ

         2枚目  3枚目     NX2で現像のみ レタッチなし

Dsc_1941_2

F3.5  1/60秒  ISO 3200

Dsc_1852

F11  1/250秒  ISO 200  WB 晴天 ハーフNDフィルター使用

Dsc_0199

F2  1/1250秒  ISO 200

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

8514

ある踊り子さんにポスター用写真を頼まれ、撮りに行った。場所は、本人希望の新宿御苑。
メイク中、撮影準備していたら公園の係員が飛んできて、レフ板使用での撮影は、撮影3日前までに公園側に申請書を提出し許可が必要と言われ、使用を禁じられてしまった。別にレフ板なくてもストロボ、撮影後にソフトでなんとか濁せばいいやと撮影をしたが、最近の新宿御苑は、酒の持ち込みは禁止、販売も中止、レフ板も許可制。たぶんそれ以外も規制だらけだろう(>_<)そのうち弁当持ち込み禁止とか(@_@) ここは公園かと疑ってしまう(?_?)
UPした画像は、踊り子さんと関係ない8514で撮ったスナップ写真だ。8514のボケ味もたまらんな(^_^)v、ポートレートには、このレンズは最高だ!(^^)!。この8514も今年は間違いなくリニューアルされるだろう。ナノクリ、VR2付きが(^_^)v  買いたい人は少々お待ちを(*^_^*)
そうそう、 踊り子さん(モダンダンサー)、野郎なんで(^_^;)写真はまたの機会に(^_^;)

カメラ D3

使用レンズ Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

その他   Lightroom3で現像 調光補正 手ぶれ補正 ビール2本

Dsc_1732_3

F2.8   1/800秒  ISO 200   WB 晴天

Dsc_1760

F2   1/2500秒  ISO 200   WB 晴天

Dsc_1800

F2.5   1/250秒  ISO 200   WB 晴天

  

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

一生の友

428から叩き出される画像は、ボケ味、キレ味、色乗り、どれをとっても素晴らしい。 頻繁に使いたいが余りにも重たくデカイ(*_*)。
初使用時に、ニーニークラスで使っているARCA-SWISS アルカスイス雲台 モノボール Z-1 を 使ったが、428(4620g)D3X(1220g)この2つ約6㎏を支えるには少し酷だった。 ピタッと止まるのだが、自由雲台特徴であるボールがあっちこっちと動き、それを手で押さえながら止めるのだが6㎏の重さに苦労したと言うよりバテた。
写真撮りでバテてたのでは、笑えない(^_^;) 急遽、6㎏を支えきれる雲台を探した。ビデオ雲台がこの重さには向きそうだが、鳥撮りはやらんし、自分の撮影スタイルだと自由雲台。いろいろと探したどり着いた物はアスカスイスの雲台だった。Z-1より二回りほどデカイARCA-SWISS アルカスイス雲台 モノボール Z-2だ。http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090731_306296.html

【鳥以外で重量級レンズを使用する方の参考に】
二重のアスフェリカルボールを使用した3ウェイ雲台。ノブによる操作を採用しているので、パーン棒の無いコンパクト設計。垂直チルト、水平チルトともにプリテンション調整機能付き。アスフェリカルボールによるPMF機能により、カメラの急激な降下を防。クリックセットベース80mm。600mmレンズを装着したカメラから8x10カメラまで、スムーズに操作可能。■質量:1480g ■耐荷重:68kg

★クランプは、何時もお世話になっているKIRK日本輸入代理店 スタジオJinにて加工してもらった ロングタイプのQRC-4    http://item.rakuten.co.jp/studio-jin/install_service/  

Z-2は、トルクがしっかりしていて、ガッチリ止まり上下左右と別々に調整できる。俺にとって最高の雲台と巡り会えた一生の友となるだろう。(^_^)v

写真は7月4日に埼玉県行田市にある古代蓮の里で撮ったものだ、雨上がりで足場は泥濘、重い装備を持っての移動は大変だった。(>_<)

使用カメラ  D3X

使用レンズ  AF-S NIKKOR 400mm F2.8G ED VR

その他    三脚 GIZO GT3530S  ギア付きセンターポール使用
       画像は、NX2でJPGに変換しただけ

Dsc_8193

F3.2   1/640秒  ISO 100    WB オート

Dsc_8094

F4   1/320秒  ISO 100    WB オート

Dsc_8061

F3.5   1/250秒  ISO 100    WB オート

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »