« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月に作成された記事

2009年11月30日 (月)

ねぐら (上野 冬)

リーマンショックで100年に一度の不景気にさらされている日本、路上生活を強いられている者が増え続けている、この現状を写真として後世に写真として残したい。望遠で盗み撮るのでなく、なるべく言葉をかけ体でその場の雰囲気を感じ取りながら撮っていきたい。言葉をかけるのは非常に難しいが...

下記の写真は2009年11月29日に東京上野で撮影したものだ。
写真撮っていて分かったことは、路上生活者にはいくつかのパターンがあるようだ。
1、シートハウスで生活している者達、彼らは部落を作り互いに助け合いながら暮らしているように見えた。
2,リヤカーなどの移動手段を使ってジプシー的な生活をしている者、人と人との繋がりを嫌っているかのように見える。
3、段ボール族、その日その日、寝やすい所を求め移動、彼らは夜町中を彷徨い、昼安眠を求め地下道や水トイレの完備した公園等で寝る。路上生活がまだ浅い者が多いようだ。

使用カメラ  D3 
使用レンズ  Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF
            AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

Dsc_9129_3

シートハウス 鍋釜生活用品完備 この集落の横には公衆トイレ有り

Dsc_9074

寝る場所のスペースは1帖半

Dsc_9090

上のシートハウスの内部 ネコと暮らしている

Dsc_9084

写真中央の棒に夜間シートをかけテントにする 膝元には布団が

Dsc_9103

 ジプシー的な路上生活 アルミ缶をつぶし鉄くず屋に売り細々と生活している

Dsc_9078

段ボールの生活は、まだ日が浅いようだ

Dsc_9138  

上野公園 駅前

Dsc_9139

彼女も路上生活まだ浅いようだ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

ねぐら (新宿 夏~秋)

最近の新宿は、以前のような賑わいと華やかさがなくなった、代わりにあまり目にしたくない光景が目立つようになった、それも日を追うことに増えている。
これから寒い冬がやって来る、雨の日も雪の日もあるだろう、彼らにサンタクロースは来るのだろうか?

使用カメラ  D3  D3X
使用レンズ  Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF
         Ai AF Nikkor 35mm F2D

 Dsc_2793

西新宿 アルタの隣 Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF

Dsc_2790

西新宿駅前広場 Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF

Dsc_2787_2

新宿アルタ前 Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF

Dsc_8949

上と同じ場所 居住者が変わった? Ai AF Nikkor 35mm F2D

Dsc_8966_2

西新宿駅前 地下道入口 Ai AF Nikkor 35mm F2D

Dsc_8978

新宿御苑前 キッチン付き Ai AF Nikkor 35mm F2D

Dsc_8959

彼女は今日もここで寝る Ai AF Nikkor 35mm F2D  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

スナップ (夜の自由人 by池袋)

スナップ写真、特に人物が入る写真は、肖像権、プライバシー、人権そして撮る側のマナー、モラルを問われることが多い、しかし過剰にこれらを気にしていると、時(瞬間)を捕らえることが出来なくなってしまう。本当は一声かけて「写真撮らせて下さい」「どうぞ」が良いのだろうが。

この写真は、怖々カメラを指差し、撮っても良いかとジェスチャーで問いかけた。答えは言葉では帰ってこなかったが、首を縦に振った。

都会では、彼らのように昼に公園などで寝て、夜間食べ物を求めて徘徊している人が増えた、こんな日本に何時なったのだ、景気が悪いのか政治が悪いのかわからんが、

ガンバレ日本!

※関連記事を移動しました

Photo

画像1

2_2

画像2

Photo_2

画像3

Img0092

画像4

Img0212

画像5

Img020

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

地ビール

川越の地ビールが:結構いけると聞いたので小江戸川越に飲みに行ってきた。目的地に着くと今日は小江戸メインストリート蔵通りで国際交流パレードがあるとのこと、カメラマンとしては、ほっとけない(^_^)v 一丁撮るかとカメラを出しパチパチパチリ! 

目的の地ビールは、3種類有り画像のビールがさっぱりした飲み口で自分には好みだった、価格は因みに280円。次は何処の地ビール飲みに行くかな(^^;) 

使用カメラ  D3

使用レンズ Nikon Ai Noct-Nikkor 58mm F1.2S

          Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE F22

Dsc_8765_5

Nikkor 58mm F1.2S  F4 

埼玉県 川越市

Dsc_88572_4

Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE F22

解析現象がなんだ( ̄▽ ̄)  基本がなんだ( ̄ー+ ̄) 写真は思った通りに撮ればいい(・∀・)イイ!

 

Dsc_8866_3

Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE F11

Dsc_8872_3

Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE F4

手で持ちながらの撮影はピントが辛い まあアルコール手ぶれ補正が効いているから手ぶれはないが(≧∇≦)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

紅葉 11月8日 昭和記念公園

11月6日のNHKの天気予報で東京多摩にある昭和記念公園の紅葉が見頃ですと放映された、昭和記念公園の紅葉は一度も撮ったことがないので行ってみることにした。公園内の日本庭園に行ってみると、放映の影響か紅葉の見頃を迎えているモミジ周辺は人、人、人、カメラを何処向けても人が入ってしまい、結果、撮った写真は、これでした。多少、秋を感じることは出来るかな。

使用カメラ D3X
使用レンズ AF-S VR Nikkor ED 200mm F2G(IF)

Dsc_4795_3

F2.5   1/320秒  -0.7補正  WB 晴天

Dsc_4821_2

F2   1/500秒  -0.3補正  WB 晴天

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

レンズ(2) AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED

お気に入りのレンズを1本紹介したい、ニコンD3と同時に発売された

AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G EDだ、買ったときは、超広角ズームだけあって歪曲収差、周辺減光は盛大に出て当たり前、四隅の画像の流れは相当あるだろうと覚悟していた。

初撮りのカメラから出た画像を見たときはたまげた。周辺の画像の流れはなく隅々までシャープしかもコントラストが非常に高く画像にメリハリがあった。

その後いろいろ撮って、開放から周辺減光も少なくシャープネスも高い、俗に良く言うヌケが良くクリア、歪曲収差は24㎜域ではほとんどない大げさに言ったら0に近い。

ナノクリ効果は、フレアは少ないが太陽をおもいっきり入れた画像は、さすがにゴーストは出るがシャープネス、コントラストを維持している、ここが凄いところだ。

欠点は、フィルターが使えない、デカい、重たい、価格が高い。

もし広角を考えているなら、14㎜域を含め単焦点を超える描写をするレンズだと思う、買って損は絶対にしないと思う、買いですゾ!

使用カメラ D3X

使用レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED

撮影地   横浜 みなとみらい周辺

作例アルバム

http://gallery.nikon-image.com/171373706/albums/1151281/

Dsc_46322  

Photoshopで、露出、コントラストその他レタッチ

F20

Dsc_4669

NX2でjpgに変換したのみ 補正その他一切してません D3Xから出たそのままの画像です

F11 -0.3補正 絞り優先オート WB 晴天

Dsc_4679

NX2でjpgに変換したのみ 補正その他一切してません D3Xから出たそのままの画像です

24㎜域の歪曲収差テスト用に撮影 F5.6  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »