トップページ | 2009年11月 »

2009年10月に作成された記事

2009年10月31日 (土)

高感度

最近のカメラの高感度性能は凄まじい、ハッキリ言ってたまげている数年前まで撮れないと思っていた写真がいとも簡単にとれてしまう、作例の写真は、ディズニーシーでシンドバッド・セブンヴォヤッジと言うアトラクションがある、一度行ったことある方なら分かると思うが室内は相当暗い、D3発売前であったらノーフラッシュで撮ることは考えられなかったと思う。ニコンD3登場は、この常識を覆した、驚いたのはISO6400で撮った画像のノイズの少なさだ。

このモンスター ニコンD3の上を行く化け物カメラが11月に発売される、その名はニコンD3s! 常用感度はISO 12800 増感すれば な、な、なんとISO 102400! またまた撮れなかった写真が撮れるようになる、間違いなく驚くような写真が!
スポーツ写真、生態写真、報道写真…… 戦場カメラマン、パパラッチ、諜報部員、警察、鳥屋さん……と このカメラに期待を寄せている人は多いと思う。どなん写真が飛び出してくるか楽しみだ。

D3sメーカーサイト

http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d3s/index.htm

使用カメラ D3

使用レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED 

撮影情報  絞り優先オート-0.3補正 WB オート F2.8  1/60秒 ISO6400

_dsc3473

NX2でjpgに変換したのみ 補正その他一切してません D3から出たそのままの画像です

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

モノクロ

写真がデジタルになって嬉しいことがある、気分によってカラー、モノクロを撮影後に選択できる、また両方を現像して見比べ好きな方を選べることが出来る、10年後にモノクロにすることも可能だ。

オレは良く、パソコンのモニターで画像確認していて自分のイメージに合わないときモノクロに加工したり、撮って出し画像の色やコントラストが気にくわないとき逃げでモノクロにしてしまうことが良くある、結果モノクロが正解ということが結構ある。レタッチ後、気に入ったものは自分でプリントする。

自分の好みの用紙(モノクロ印刷用)は、

ピクトランの局紙(紙幣、株券等に使われている紙で黒の締まりは抜群、コントラストも高め)

ドイツの用紙Hahnemuhle社のフォトラグブライトホワイト(モノクロでの階調が素晴らしい、カラー印刷にも最適、発色が何とも言えない深みがある)

プリンターはエプソンのPX-5500を使っている。

使用カメラ D3

使用レンズ Ai AF Nikkor 35mm F2D

使用ソフト Photoshop CS4 

撮影情報  F3.5  1/400秒 ISO800

題  大きくなったら

Dsc_85612

現像 Photoshop CS4 使用

Dsc_8561

Photoshop CS4 でモノクロ加工

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

レンズ(1) AF-S VR Nikkor ED 200mm F2G(IF)

友人がカメラを購入する際によく聞かれることがある、カメラを趣味にしている方ならどんな質問か想像付くと思う。『どんなレンズを選べばいいのか?』毎回、回答に困る質問だ、以前は買うカメラとレンズキットを勧めていたが、購入後、なんでこんな写真撮れないのか? こんな写真とは背景がボケて目的の被写体がくっきりと描写されているものだ、それを説明するのは大変だ、なので最近は35㎜単焦点を勧めている、それと購入した際、絞りについて簡単に説明している。

個人的な考えだが、このレンズでなければ撮れない写真がある、開放値の明るさによるボケの違い、レンズの違いによる発色やコントラスト、超広角レンズ、超望遠レンズなど画角の違い、言葉では表現できない女性や花のしっとり感を描写できるレンズなどカメラが高性能になっても撮れない写真がある。

作例のレンズもその一つだと思う このレンズしか撮れない写真がある!

使用カメラ D2Xs

使用レンズ AF-S VR Nikkor ED 200mm F2G(IF)

Dsc_00353

F2.2    1/640

Dsc_03072

F2.5  1/640

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

フィルター

10月17日~18日と二日間 熊本の写真家に呼ばれ一杯飲みに行って来た。飲みの間に写真を撮った感じだ。

熊本の写真家は非常にマメな方で一流ツアーコンダクター顔負けの旅を企画してくれた、花火、滝、阿蘇山の日出………と分刻みに回ってくれた。ホテル、食事、飲み屋は、すべて予約をそれも移動時間のズレまで予測していた、 頭が下がるm(_ _)m たまげたのは行列の出来るほどのラーメン店まで予約入れてくれていた。本当に感謝の気持ちで一杯だ、本当に有り難うございましたm(_ _)m

二日間ほとんど酒の切れた時はなかった アルコール手ぶれ補正がバッチリ効いていた割には良い写真が撮れなかった(^_^;) 冗談はさておきフィルター使用した画像をUPします。ソフトによるレタッチ、補正、トリミング等一切していません、ニコンキャプチャーNX2でjpgに変換しただけです。

使用前、使用後の比較画像UP出来れば良かったですが、手ぶれ補正効き過ぎて余裕が有りませんでした(^_^;)

使用カメラ D3X

三脚 レリーズ使用   手ぶれ補正にビールに焼酎(^_^;)

Dsc_4340_2

使用レンズ AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G

使用フィルター LEE100×150角フィルター レッド

F10   1/80秒 -0.3補正 ISO100

Dsc_4378

使用レンズ PC-E NIKKOR 24mm F3.5D ED

使用フィルター  ND4  あおり(ライズ)

F13   1.6秒  ISO100

Dsc_4560

使用レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

使用フィルター ND8と PLの2枚重ね

F18   1.6秒 -0.7補正 ISO100

Dsc_4282

使用レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

使用フィルター LEE100×150角フィルター ハーフND

F11   25.5秒 bulb  2回露光 -1補正 ISO100

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

補正2

好みもあると思うので何とも言えないが、くどいレタッチは長く見ていると疲れてくる、でもカメラから出た画像そのままも味気がない。写真にも調味料は必要だ、量と調理は板前次第。 オレの好みは作例の中間くらいが好きだ。

【作例1】

使用カメラ D3X

使用レンズ AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED

使用ソフト Photoshop CS4 

撮影情報  F11  1/200秒 ISO100 

Dsc_44942

NX2でjpgに変換したのみ 補正その他一切してません D3Xから出たそのままの画像です

Dsc_4494

Photoshopで、彩度、コントラスト、シャープネスなどレタッチ

【作例2】

使用カメラ D3X

使用レンズ PC-E NIKKOR 24mm F3.5D ED

使用ソフト Photoshop CS4 

撮影情報  マニュアル露出 F13  1/60秒 ISO100  あおり(ライズ)

Dsc_33622

NX2でjpgに変換したのみ 補正その他一切してません D3Xから出たそのままの画像です

Dsc_3362

Photoshopで、彩度、コントラスト、シャープネスなどレタッチ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

補正

ソフトが進化して、ニコンキャプチャーNX2Photoshopのようなレタッチツールで簡単にいろいろな補正ができるようになってきた、色、明るさ、コントラスト、シャープネス、部分補正………と組み合わせると限りない。やる気になれば形まで変えられる。写真がデジタル化して素の画像はどのくらい有るだろうか。最近、写真を信じられなくなっているのはオレだけだろうか。

使用カメラ リコーGRデジタル

使用ソフト Photoshop CS4 

補正方法 レンズ補正に加え、ゆがみ補正を

R0013261_2

補正前

R00132612_2

補正後

補正のポイント 

目的物の上下を大きく空けて撮ること、補正時に画像中心に

15%くらいトリミングした感じになります 空けすぎ位に撮る。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

マニュアルフォーカス

動きがある被写体たとえばスポーツ、子供、動物などはオートフォーカスが向いている、当然オレもこのような被写体では使う。たまにオートフォーカスで写真撮っていると機械に操られているような感じがするときがある。

花や静止物、風景をマニュアルフォーカスでファインダー中を睨みながらピンを取っていると気持ち良い写真が撮れそうに思えてくる。

進化も良いが凄まじい進化はお断りだ、楽しみが減る。

余談だが画像のワイン、新宿高島屋で47,500円! 杯売りでも飲めると言うことなので試しに飲んだが、オレには普段飲んでいる2000円クラスのチリ産ワインの方が美味く感じた。

使用カメラ D3

使用レンズ Nikon Ai Noct-Nikkor 58mm F1.2S  1/400 F2   ISO400

http://www.nikon-image.com/jpn/enjoy/interview/historynikkor/2003/0304/

Dsc_8484_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

待つ

人気のアトラクション、有名ラーメン店、床屋で順番待ち……… 待つことは大の苦手である。写真もそうだ、富士山など三脚並べて日出を待ったり、カワセミが来るのを待ったり、目的の被写体を何日も待ち続けたり、自分には出来ない、待てないカメラマンに良い写真は撮れるわけがない、当然オレに良い写真が撮れるわけがない。待つことを覚えないと(^_^;)

使用カメラ  D3

使用レンズ Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZF

Dsc_82412

Dsc_8238

Dsc_8342

Photoshop CS4でレタッチ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

アクアスロン大会

9月に駒沢オリンピック公園で行われたアクアスロン大会のカメラマンとして写真撮ってきました。

今まで何回かトライアスロン、アクアスロン大会の写真撮ってきましたけど、毎回翌日は、筋肉痛でボロボロ(>_<) 走って参加選手を追いかけ写真を撮り、また走って撮る そして場所の移動、ほとんど大会中 走りぱなしです、パンツまで汗ビッショリ(*_*)

今回の大会みたいに、子供から大人までカテゴリーが別れている大会は、プールで写真を撮り、走っているシーンを撮り、ゴールに移動してまた撮る。これの繰り返し(>_<) 参加選手より運動量多いかも(^_^;)

使用カメラ D3   S5pro ←スポーツには向かないが何とか使えました(^_^;)

使用レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED 

         AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G

                     AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED

Dsc_7948  

D3   24-70使用  SB900使用 F8  ISO200

Dsc_7896

D3    24-70使用 SB900使用 F6.3   ISO200

Dsc_8043

D3 14-24   F10   ISO200

※大会運営側のHPで公開されている画像UPしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

三脚と雲台

三脚って重たくて嵩張るし、持って行っても使うか使わないか分からないので持ち出すのが億劫に、またそれがイヤで買わない人も大勢いると思う。

最近のカメラ、レンズは非常に高性能になり、手ぶれ補正、高感度撮影が可能のカメラが続出し、三脚なしでもシャープな写真が撮れるようになった。

でも機動性を重視するスポーツ、スナップなどは別として、三脚を使うメリットは大きいです。

★いくらカメラ、レンズに手ぶれ補正が付いても微妙なブレを防止するには三脚使用のほうが優れています。

★同じ構図で長時間待ったり ※花のマクロ撮りなど風が止まるまで待ち続けたりします

マクロ撮影の作例 http://gallery.nikon-image.com/171373706/albums/1004911/

★長時間露光、低速シャッター撮影が可能 ※天体撮影や夜景またまたNDフィルターなど使って滝や川の流れを撮る人の感性で切り取ることが出来る。

低速シャッター撮影の作例

http://gallery.nikon-image.com/171373706/albums/1159228/photos/17154647/

http://gallery.nikon-image.com/171373706/albums/1159228/photos/16828940/

★じっくりシャッターチャンスを待っての撮影や同じ構図で何枚も撮影する場合なども三脚が有った方が非常に便利。

ではどんな三脚が良いのか?   予算、機材の重さ、用途でこれだと言える物は有りませんが、自分が最終的にたどり着いた形の三脚と雲台を紹介します。

Dsc_8213

【三脚】 メインで使っている物はGIZOです 

3型 GT3530S    システマティク三脚にエレベーターを付けました。 ※中央

2型 GT2540LLVL   レベリング三脚 フィールドは何時も平坦とは限りません、傾斜地に合わせて垂直を保てるので非常に便利な三脚です。 パイプの経も2型より太くて強度有りそうです。 ※左

1型 G1158T    トラベラー三脚  名の通り旅行用に開発された三脚だと思います。軽くて小さく旅行にはもってこい(^_^)v 強度もなかなかです D3クラスと70-200を載せても耐えます(*^_^*)  ※右

【雲台】 

縦位置撮影に最適な雲台を求めて何回買い直したか分かりません(>_<) 縦位置に於いて雲台自体動かさず縦位置を安定できる雲台  ようやく探し求めてのが

http://reallyrightstuff.com/rrs/items.asp?Cc=BodyNikonD3&iTpStatus=0&Tp=&Bc=

RRSのL字プレート  アスカスイスタイプ! 

このプレートの存在を知るまで使っていたマンフロット、GIZOなどをアスカスイスタイプのプレートが使用出来る雲台に変更。

Dsc_82082

Dsc_82092

右  エルグ 日本製  超ジュラルミンを使用 制動部分はディスクブレーキ 設計者の拘りが伺える雲台だ

http://www.takeinc.co.jp/takeinc/product/erg/erg.html

http://www8.wind.ne.jp/nicolei/Gallery21/ERG/index.html

右から2番目  アスカスイスZ1  3型の三脚に使用してます 非常に頑強に作られている、耐荷重も50キロ位あり D3+ニーニーをガッチリ支えてくれる(*^_^*)

左から1つ目と2つ目  アスカスイスタイプのコピー雲台 メーカーは中国のBENRO この雲台 本家本元のアスカスイス雲台より勝るくらいの性能 ボールのトルク調整がしやすいことと、小型、中型がラインナップされている、これは本当にありがたかったm(_ _)m ただ非常に優れた雲台だがコピー製の為か日本では発売されてない(>_<) 自分はヤフオクで発見し購入出来た 価格は16500円と18500円だったと思う。  

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

シフトレンズって面白い

D3使用 PC-E Micro NIKKOR 85mm F2.8Dを使って ノーマルで撮影したものとアオリを使ったものを撮り比べてみました。アオリ機能を使えば個性ある写真が撮れると思います。

ちょっとオーバー言い方ですが同じ距離(絞り等)と同じ機材で撮れば誰が撮ってもほぼ同じ写真が撮れるがシフトレンズで工夫して撮れば世界で一枚だけの写真が撮れると思います。是非試して下さい。

Dsc_8078

ノーマルで撮影 F4.5

Dsc_8081

アオリあり スイング(レンズを横に左右に振ること)因みに縦はティルト

Dsc_8083

逆にスイング

どうですか 同じ距離でこんなに違う写真が撮れます

この日 このレンズで撮った作例です   2009年10月4日 昭和記念公園にて

http://gallery.nikon-image.com/171373706/albums/1159228/photos/17210664/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

夜景

Dsc_29752

使用カメラ D3X

使用レンズ PC-E NIKKOR 45mm F3.5D ED  アオリ有り( ライズ) ND8フィルター使用

106秒  F16

夜景撮りながら 一杯引っかけてると 小便が大変 カメラを置いてトイレに行くわけにはいかずカメラ、三脚担いでスタコラサッサと公衆便所に どう見ても格好が悪い(>_<) 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

PC-E 3兄弟

Dsc_3627

使用カメラ D3X

使用レンズ Nikon Ai Noct-Nikkor 58mm F1.2S

今、嵌ってるレンズ シフトレンズ3兄弟

PC-E NIKKOR 24mm F3.5D ED

PC-E Micro NIKKOR 45mm F2.8D ED

  PC-E Micro NIKKOR 85mm F2.8D

この3本のなかで一番シャープに撮れるレンズは24㎜だと思う 

シフトレンズ使う方は、建築、物撮りが多いと思うが、自分は違った形で使っていきたい、今後、いろいろ撮ってUPしていきたいと思う。 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曼珠沙華

_dsc4970

使用カメラ D3

使用レンズ AF-S VR Nikkor ED 200mm F2G(IF) テレコン×1.4使用  F4

曼珠沙華をこんな感じで撮りたくて今までに何枚撮っただろう

赤の中に際だつ花を撮りたかった

AF-S VR Nikkor ED 200mm F2G(IF) で撮った作例です

http://gallery.nikon-image.com/171373706/albums/804203/  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最初の画像 当然ビール!  アル中カメラマン  記念の1枚目 2009年10月3日

Dsc_3402      

使用カメラ D3X

Nikon Ai Noct-Nikkor 58mm F1.2S   開放F1.2 最短撮影距離
                         ホワイトバランス変更のみ

毎日お世話になってるビールに感謝をこめてパチリ (^^;)

F1.2は実用的にはピンが浅すぎて厳しいです  三脚、ライブビューで撮影
しました。ピンはキリンの目 開放はちょい甘です でもボケは一級品!
                         

| | コメント (9) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年11月 »